十人十色の私曲集

ブログはアメリカン

実録「住宅営業物語」 帰還編

 

泣き叫べ

 

これが管理者養成学校を卒業するための重要なキーワードとなる。

 

教官の心証を良くしないことには合格が貰えない。何度も同じ課題の繰り返しとなってしまう。

 

精神論・根性論には涙と声を枯らしてのがなり声が良く効く。

 

今思うと僕がこの経験で得たものは

「あの時のことを思えば、今はどおってことない」という

耐性ができた事ぐらい

宗教要素満載の自己啓発セミナーとは真逆の経験でした。

 

人間死ぬ気になれば何でもできる。

30年前なら通用しただろうけど今の時代じゃ・・・・・・

 

声を枯らした同僚たちとの再会

この10日間でみんなたくましくなっていた。

 

会社の人が僕らを迎えに来てくれ、そのまま向かった先は、部長たちが待つ料理屋であった。出所祝い会??

 

「部長 ありがとうございました」

 

僕は完全に染まっていた。

 

次回へ続く